滋賀県事業継続支援金(第1期)

申請期間
令和3年8月4日(水)~9月30日(木)まで

※第1期の申請受付は終了しました。

支給額

※1事業者につき申請は1回限り

中小
企業等

20万円

個人
事業主

10万円

売上が50%以上減少した
県内中小企業等・個人事業主の皆さまが対象です。

対象者の詳細はこちら

事業の目的

新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が50%以上減少した県内中小企業等・個人事業主に対し、
支援金を給付します。

新着情報

  • 2021.10.1

    第1期の申請受付は終了しました。

  • 2021.9.17

    第2期申請受付ページをリリースしました。

  • 2021.8.13

    システムメンテナンスが終了致しましたので、オンライン申請がご利用いただけるようになりました。

  • 2021.8.11

    システムメンテナンスにより、下記の期間中はオンライン申請がご利用いただけませんので予めご了承くさい。
    【メンテナンス期間】8月13日(金)10:00~15:00

  • 申請期間

    【オンライン申請】令和3年8月4日(水)~9月30日(木)まで
    【郵送申請】令和3年8月4日(水)~9月30日(木) まで(消印有効)

  • 支給対象者

    2021年の4月から6月のいずれかの月の売上が、2019年または2020年の同月と比較して
    50%以上減少した県内中小企業等・個人事業主の皆さま

    対象者の詳細はこちら

  • 申請に必要な書類

    申請には、以下の書類の提出が必要となります。
    ※オンライン申請の場合、①、②、⑧、⑩は直接入力になりますので、書類での提出は不要です。
    ※郵送申請用の書類については、県内商工会議所・商工会および県各合同庁舎の土木事務所にもご用意しております。

    必要な書類一覧

    申請用の書類一式

    中小企業等の場合

    書類名 月次支援金を
    受給されている方
    その他の事業者
    ① ※事業継続支援金給付申請書兼請求書
    (月次支援金受給者用)[PDF]/[Excel]/[記入例]
    ② ※事業継続支援金給付申請書兼請求書
    (月次支援金受給者以外)[PDF]/[Excel]/[記入例]
    ③ 「月次支援金」が受給されたことを示す書類
    ④ 履歴事項全部証明書 (直近3か月以内に取得されたもの)
    ⑤ 営業活動を証する書類(確定申告書、開業届等)
    ⑥ 収受日付印の付いた2019年または2020年の確定申告書類の控え
    (売上比較対象月を含む年度の確定申告書)
    ⑦ 2021年対象月と2019年または2020年の売上台帳等の写し
    (該当年・該当月が確認できる帳簿等)
    ⑧ ※誓約書[PDF]/[Word]
    ⑨ 役員名簿[PDF]/[Word]
    ⑩ ※口座振込依頼書[PDF]/[Word]
    ⑪ 新規開業者特例計算書(令和2年6月2日~令和3年3月31日迄に開業された方)[PDF]/[Excel] 対象者のみ
    ⑫ 本人確認書類の写し(代表者のもの)
    (運転免許証、パスポート等)

    個人事業主の場合

    書類名 月次支援金を
    受給されている方
    その他の事業者
    ① ※事業継続支援金給付申請書兼請求書
    (月次支援金受給者用)[PDF]/[Excel]/[記入例]
    ② ※事業継続支援金給付申請書兼請求書
    (月次支援金受給者以外)[PDF]/[Excel]/[記入例]
    ③ 「月次支援金」が受給されたことを示す書類
    ④ 履歴事項全部証明書 (直近3か月以内に取得されたもの)
    ⑤ 営業活動を証する書類(確定申告書、開業届等)
    ⑥ 収受日付印の付いた2019年または2020年の確定申告書類の控え
    (売上比較対象月を含む年度の確定申告書)
    ⑦ 2021年対象月と2019年または2020年の売上台帳等の写し
    (該当年・該当月が確認できる帳簿等)
    ⑧ ※誓約書[PDF]/[Word]
    ⑨ 役員名簿[PDF]/[Word]
    ⑩ ※口座振込依頼書[PDF]/[Word]
    ⑪ 新規開業者特例計算書(令和2年6月2日~令和3年3月31日迄に開業された方)[PDF]/[Excel] 対象者のみ
    ⑫ 本人確認書類の写し(代表者のもの)
    (運転免許証、パスポート等)
  • 支給額

    中小企業等 20万円
    個人事業主 10万円 ※ただし1事業者につき申請は1回限りです。

  • 給付要綱

不正受給について

滋賀県事業継続支援金の不正受給は犯罪です。不正受給については警察当局と連携し、厳正に対処します。
不正受給と判断された場合、受給済の事業継続支援金に加算金を加えた金額を請求します。

不正受給の例
・申請条件を満たしていないことを認識しているにもかかわらず申請する。
・実際の売上金額と異なる金額を偽って申請する。
・売上減少の要因が、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によらないものにもかかわらず申請する。
・事業を継続する意思がないにもかかわらず申請する。

オンライン申請

オンライン申請の流れ

【STEP01】ID・パスワードの発行【STEP02】給付申請※令和3年9月30日まで【STEP03】登録内容審査進捗内容の確認→審査・給付決定・給付決定通知書面を送付【STEP04】支援金給付

【STEP01】ID・パスワードの発行【STEP02】給付申請※令和3年9月30日まで【STEP03】登録内容審査進捗内容の確認→審査・給付決定・給付決定通知書面を送付【STEP04】支援金給付

郵送での申請について


※今回の給付申請にかかる書類については、当該年度の終了後(2022年4月~)7年間保管しなければなりません。

※第1期の申請受付は終了しました。



注意事項
  • ・ 申請から給付の決定まで、およそ30日かかります。
  • ・ オンライン申請では、申請者専用のID・パスワードが発行され、ログインができます。
    紛失しないよう必ず保管をお願いいたします。
  • ・今回の給付申請にかかる書類については、当該年度の終了後(2022年4月)7年間保管しなければなりません。

お問い合わせ先

滋賀県事業継続支援金
コールセンター

0570-200-575

受付時間 /
平日:9:00~17:00 ※土日祝休業

E-mail /
shiga-keizokushien001@bsec.jp

コールセンターは審査機関ではありません。
申請いただいた内容は事務局にて審査させていただきます。

この事業は「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を活用した事業です。

事業者の皆様へのお願い

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた
「もしサポ滋賀」
の活用について

滋賀県では、感染拡大防止対策として、LINE公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート」を用いたイベント参加者等の記録および情報配信のシステム「もしサポ滋賀」を導入し、令和2年6月10日から利用申請受付を開始しております。
このシステムは、施設やイベントごとに個別のQRコードを発行し、施設を訪れた方やイベントの参加者が、スマートフォンを使ってQRコードを読み取ることで、「誰が」「いつ」「どこ(場所)」を利用したかをシステムに記録するという仕組みです。
本システムの活用により、陽性患者の行動履歴により判明した施設等の不特定多数の利用者に対し速やかに情報を提供し、濃厚接触者の情報を収集することで、クラスターの拡大防止を図ることを目的としています。
つきましては、各事業者(施設管理者、イベント主催者)において本システムの導入を検討いただきますようお願いします。
なお、QRコードの発行方法や利用方法等は、県のホームページに詳しくご説明しておりますので、ご参照ください。

https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/kurashi/ict/312529.html

今後とも、感染拡大防止対策にご理解、ご協力をよろしくお願いします。